読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kankan’s diary

小豆島在住3年目です。結婚を機に島民になりました。現在育児に奮闘中。マラソン、自転車、カフェ・喫茶店巡り、かごバッグ作り、ライブにフェスとアクティブになんでも楽しんでます。小豆島の事、日々思った事考えた事の記録。

島の医療。


またまたご無沙汰になってしまいました。


子供が何と入院...


もう落ち着いていますが、


いろいろ勉強になり


なかなか島外に住む人には想像しにくい部分もあるのかな〜と思って


今日のテーマは島の医療です。


島には病院が一つあります。


それが...


小豆島中央病院!


前は土庄町、小豆島町にそれぞれひとつずつあったんですが、


合併されて小豆島町と土庄町の真ん中...池田というところに

新しく新病院が建ちました。


2016年4月から新病院になったから、

今で5ヶ月ほど経ちますね!


土庄町には産婦人科が無く、小豆島町産婦人科まで通院していたので、(車で40分〜くらい)

池田の新病院が出来てだいぶ近くなりました!車で20分くらいです。


島なので、できる処置には限りがあって

重症患者がいればヘリコプターで転院もあります。


香川か岡山のどちらかの病院です。


なんと香川の香川医大までヘリコプターだと20分です。

(陸路だとまずフェリー1時間、病院まで車で30分〜かかるんですが)


天候や使用できる時間帯(もあるのかな?)にもよりますが、

何かあった時を考えると緊急搬送が可能なら島に住んでいても安心ですよね。


都会は都会で受け入れできずたらい回しとか渋滞で搬送が遅れたとか聞きますし...


都会に住んでるから大丈夫とか、島に住んでるからダメだ、とかそんな事はないと思います。


小豆島は高齢化が進んでいますが、


本当に元気なお年寄りがいっぱい^_^


安心して暮らせる場所です。


島だからハンデが、、、ていう部分は医療だけでなくあるのはあるんですが、(ネット通販で家具を購入したら郵送代に離島加算がプラスされたり。笑)


そういうのも割り切ってしまえば住みよいところです。


都会にはあれもこれもあったのに、無い、無い、無い、、、

って思うと非常に悲しくなりますが


逆にここには他には無いものだらけってことなので。


良いところはたくさん出てきます。


島の医療から脱線してしまいましたが、


楽しく暮らすか不満だらけで過ごすかは結局自分次第ですね。