kankan’s diary

小豆島在住3年目です。結婚を機に島民になりました。現在育児に奮闘中。マラソン、自転車、カフェ・喫茶店巡り、かごバッグ作り、ライブにフェスとアクティブになんでも楽しんでます。小豆島の事、日々思った事考えた事の記録。

かごバッグ作り。


最近楽しみな趣味の一つ。


それが 、、、


かごバッグ作り。


正式にはクラフトバッグっていうのかな?


出会いは旦那さんのおばあちゃんちで見つけたかご。


何気なく聞いたら、おばあちゃんが自分で作ったとのこと!


「これ街のおしゃれなお店で売ってるよ!欲しいなー!」

と盛り上がってたら、


「簡単だし誰でも作れるよ。自分で作ってみる?」と。


それが始まりです(^ ^)


後日おばあちゃんちで、仲良しのご近所さんも集まりかごバッグ講習会スタート。


年代は全然違うけど、こたつに入って(まだ寒い時期でした)

みんなでお菓子を持ち寄って、疲れたら休憩して。


別にいついつ集まるとかは決まっていなくて、

暇な日に電話して(もしくは連絡がきたり)で、突然始まったり。


肝心のクラフトバッグの作り方はというと...


まず、クラフトバッグの専門誌から、自分が作りたいなと思う作品を選ぶ→紐の長さはどれくらいのものが何本いるか、紐を測って長さ分切って、を繰り返す(この作業が1番手間)


f:id:kankan0521:20160710074905j:plain


次に、かごバッグのまず底から作る。


f:id:kankan0521:20160710065533j:plain


↑これは底ができて、これから上に立ち上げていくところ。

底面が出来たら次は側面を縫います。

作業に没頭しているとあっと言う間に時間が経つのです。

とっても楽しい。


f:id:kankan0521:20160710065355j:plain


ポストカードやお手紙入れに。


f:id:kankan0521:20160710071940j:plain


↑おばあちゃんちで見つけて一目惚れしたやつ

あげるーと言われて頂きました。


本入れるのに丁度良い◎


私もこれくらい縫えるようになりたいなぁ〜(^^;;


おばあちゃん達はみんな手先が器用で、得意な分野も様々。クラフトバッグの達人、編み物の達人、おりがみの達人、お料理の達人、歌の達人。

得意な人が他の人に教えてあげる。


「先生」は身近にたくさんいるんだなあと感じます。


何か興味があったり、知りたいことがあったら


教えて教えてー!って言うのは大事なことですね。


口に出すことで輪が広がって、縁が繋がる。


これからもいろんなところに顔を出そう?